terres-rares

名称説明 / 履歴

希土類元素(REE)は類似する特性を有する17の鉱物からなる元素のグループです。 REEは金属的な外観を有し、比較的に軟質で可鍛性と延性があります。 これらの鉱物は、「希少」と呼ばれますが、比較的一般的に地殻中に存在し、 特に高温時や微細に分割された場合には一般的にかなり高い化学反応性を示します。 地殻中の銅とほぼ同一量のセリウム元素(REE)が存在すると思われます。

その名称は19世紀の初期の発見に由来し、「稀な鉱物」であることを意味します。 その地球化学的特性のため、地表に非常に不均一に分散しており、しばしば、その濃度(品位)に起因して鉱業が不採算になることがあります。

生産 / 用途

その独自の特性により、ハイブリッド電気自動車、戦闘機、携帯電話、電池、テレビ、低エネルギー電球、風車などの先端技術領域で有用です。 REE酸化物の世界埋蔵量は、米国地質学的調査によれば、2010年末までに11,000万トンに達するものと推定され、その内訳は50%が中国、次いで独立国家共同体が17%、米国12%及びインドが2.8%となっています。この希土類元素酸化物の2010年度における生産は、中国では最大13万トンまで上昇しますが、それとは異なり、インドでは2,700トンしか採取されません。 世界埋蔵量の5分の1を有する独立国家共同体、米国及びその他の小規模な生産国の生産量はわかっていません。 希土類元素の輸出をほとんど排他的に支配する中国は、現在、米国及び日本への輸出を抑制していますが、今後完全停止される恐れがあります。 日本の1グループは、ストレンジ湖の北からラブラドルにかけて位置するプロジェクトを開発するパートナー契約をケベック州の探鉱会社と締結しました。このプロジェクトは2015年に生産に入り、およそ23,000トンの濃縮物を生産する可能性があります。 自動車メーカーのトヨタ、ホンダ、三菱がREEの主なユーザーであり、米国国防総省は、多くの軍事技術に必要不可欠なこれらの元素の供給について懸念しています。 需要は増加を続けており; 推定によれば需要量は2010年の13.6万トンから2014年までに19万トンに増加することが示唆されています。

出典

http://fr.wikipedia.org/wiki/Terres_rares

http://www.mrnf.gouv.qc.ca