2012年1月16日 – ケベック州モントリオール市 – Critical Elements Corporation (トロントベンチャー取引所(TSX.V): CRE) (米国店頭取引市場(OTCQX): CRECF) (フランクフルト証券取引所(FSE): F12) (以下「クリティカル・エレメント(CEC)」という。)とBlue Note Mining Inc. (トロントベンチャー取引所(TSX.V): BNT) (以下「Blue Note社」という。)は、ケベック州ヴァルドール近くに位置するCroinor金プロジェクトにおけるクリティカル・エレメント(CEC)の全権益のBlue Note社による取得を定める2010年7月19日に発表した拘束力のある契約(以下「契約」という。)の期間を延長することに同意したことを報告します。

本「契約」の条件に基づき、Blue Note社は、2012年3月31日まで、またはそれ以降のBlue Note社とクリティカル・エレメント(CEC)が相互に同意する期日までに、225万ドルの最終支払いを行って取得を完了することができます。加えて、Blue Note社は、普通株式1,750万株を発行してエスクローに保持するものとし、かかる株式は手続き完了日から35ヶ月にわたって1ヵ月あたり50万株の割合でリリースされるものとます。この取得には、Matchi-Manitou鉱業用地におけるクリティカル・エレメント(CEC)の所有権71%が含まれています。

クリティカル・エレメント・コーポレーション(CEC)について
クリティカル・エレメント(CEC)は、ケベック州に位置するその100%出資のRoseプロジェクトをリチウム・タンタルの主要プロジェクトとして積極的に展開しています。

最近行われたRoseプロジェクトの財務分析は、タンタル精鉱に含有されるTa2O5の予想価格260米ドル/kg (118ドル/ポンド)と炭酸リチウム(Li2CO3)の予想価格6,000米ドル/トンに基づき、Roseプロジェクトの税引き後内部収益率(IRR)が推定で25%となることを示すとともに、割引率8%の正味現在価値(NPV)が推定で2億7,900万カナダドルとなることを示しています。返済期間は4.1年と推定されています。税引前IRRは33%と推定され、割引率8%の税引前NPVは4億8,800万ドルと推定されています。(鉱物埋蔵量ではない鉱物資源量は採算性を実証するものではありません)。

本プロジェクトは、最新の情報開示基準NI 43-101に基づく概測資源量 2,650万トン(品位1.30%のLI2O等価または品位0.98%のLI2Oおよび品位163 ppmのTa2O5)と、予測資源量1,070万トン(品位1.14%のLI2O等価または品位0.86%のLI2Oおよび品位145 ppmのTa2O5)をホストしています。

クリティカル・エレメント(CEC)は、本プロジェクトの事前実現可能性調査をカナダで最大の独立系エンジニアリング会社の一つGenivarに委託しました。Genivarは本プロジェクトの環境調査も実施しており、冶金プロジェクトはバンクーバーのAcme Metallurgical社が行っています。

クリティカル・エレメント(CEC)のポートフォリオには、ブリティッシュコロンビア州ロッキーマウンテンとケベック州における希土類とタンタル・ニオブプロジェクトの他に、ケベック州に位置し、最新の情報開示基準NI 43-101に基づく精測・概測資源量81万4,228トン(金品位9.11 g/t、金量23万8,414オンス、カットオフ品位5 g/t)をホストするCroinorプロジェクトの50%権益も含まれます。

BLUE NOTE社について
Blue Note社はモントリオールに本社を置く鉱物探査・鉱業会社であり、ケベック州の収穫の高いヴァルドール地域とニューブランズウィック州の北部を含むカナダで知られている金地区に位置する鉱業用地を有しています。

将来の見通しに関する記述
このニュースリリースには、リスクと不確実性に関連する証券法の意味の範囲内で、将来の見通しに関する記述に該当する可能がある事項への言及が含まれています。当社は、かかる将来の見通しに関する記述に反映された期待は妥当な仮定に基づいていると確信していますが、当社の期待が実現することを確約するものではありません。実際の結果が予測の期待と大幅に異なる原因となる要因には、一般的な経済状況、政府当局による法的措置、契約交渉に関連する不確実性、追加の資金調達の必要性、当社製品の市場での受け入れ、競争圧力などの影響が含まれます。これらの要因およびその他の情報については、カナダの証券規制当局に提出した当社の有価証券報告書においてより完全に説明されています。

クリティカル・エレメント(CEC)株主の皆様のお問い合せ先:
ジャン=セバスチャン・ラバリー(Jean-Sébastien Lavallée)、有資格地質技師、社長CEO
819-354-5146

www.cecorp.ca

Paradox Public Relations
ジャン=フランソワ・メユール(Jean-François Meilleur)
514-341-0408

メディア:
フレデリック・ベラール(Frédéric Bérard)
財務・法規制関連業務担当副社長
兼ゼネラルマネージャー、モントリオール
HKDP Communications and Public Affairs社
514-395-0375

Blue Note社株主の皆様のお問い合わせ先:
ジャン・メイヤー(Jean Mayer)
筆頭副社長
(800) 937-3095 x 236

www.bluenotemining.ca

トロントベンチャー取引所またはその規制サービスプロバイダ (トロントベンチャー取引所ポリシーの用語定義に基づく)は、このリリースの妥当性または正確性についての責任を負うものではありません。